インプラント

インプラント治療とは?

歯が抜けた場合の処置方法のうちの1つです。
人工の歯の根を歯の無くなった顎に埋め込んで歯の土台を作り、さらに咬み合わせる部分を作る方法です。

<長所>
安定性が高い・異物感が少ない・自然な仕上がり

<短所>
治療に要する期間が長い(6カ月程度~それ以上)・埋め込みのための手術が必要・保険が適用されない。


飯島歯科医院のインプラント治療の流れ

1. 診査・診断・治療計画
口の中の状況(残存している歯、顎の骨、歯ぐきや粘膜、咬み合わせ等)を細かく診査していきます。
全身の状況についても必要に応じて内科等の主治医と連携します。診査の結果から診断し、治療計画を立てます。

2. 術前処置
現在、歯周病にかかっていたり、何か問題点があれば事前に処置します。
また、インプラント治療の成否の鍵を握るのは歯に付着した汚れ(歯垢)をいかに除去できるかです。

3. インプラント埋め込み手術・術後管理
骨にドリルを使って(細いものから必要な太さまで)インプラントを埋め込むための穴をあけます。
その穴にインプラントをねじ込んでいきます。
仮の歯をかぶせます。

4. 上部構造(入れ歯の部分)の製作と装着
歯ぐきが元の状態に戻れば、型を取って上部構造を作製します(咬めるようにする)。
この操作は自分の歯の型を取るのと変わりません。
咬み合わせの状態も確認し、最終的な固定式又は取り外し式の入れ歯ができあがります。

5. メインテナンス(定期健診)=成功のキーポイント
インプラントは天然の歯とは全く違います。
人工臓器です。咬み合わせ・口の中の清掃状態・上部構造固定ネジのゆるみ・上部構造破損の有無・骨の状況等定期的にチェックしなければなりません。



飯島歯科医院のインプラント治療

飯島歯科医院では、長年の経験がある医師が対応致します。

患者さまの状況に合わせて、治療方法、スケジュール、インプラントメーカーなどを決定し、きめ細やかに対応させて頂きます。
今までの治療で使用しましたインプラントメーカーの一部をご紹介致します。

アストラテック(スウェーデン製)
アストラテックインプラントは、骨が吸収する事が少なく、審美性に優れていますので、もっとも信頼の出来るインプラントメーカーの1つです。
また、他のシステムと比較しても、歯ぐきの回復状態が良く、長期の成功率が高く、患者様の負担が少ないと言われています。

ストローマン(ITI)デンタルインプラント
ストローマン社(スイス製) 。主に1回法のインプラントシステムです。
生産管理などは世界でもトップクラスで、そのことと20年以上に渡る実績がITIインプラントの信用性を不動のものとしています。

SPIインプラント
スイスのトーメン・メディカルの製品。トーメン・メディカルは時計製造業、航空機器、工業計器などの精密機器メーカーである、レビュー・トーメン社と技術提携。

インプラント治療の料金目安

インプラント治療における一番大事なことは、患者様と医師との話し合い。いわゆる「カウンセリング」です。
飯嶋歯科医院では、カウンセリング費用は頂いておりませんのでご安心ください。
治療前の診断・診療は、保険適用が可能です。
診断・診療後のインプラント・手術費用につきましては実費となります。
ご費用については、お問い合わせください。

【診断・診療内容】
パノラマ、スタディモデル、歯周検査、除石